暮らしのなかの健康法万般。赤ちゃんからお年寄りまでの病気の解説・予防・治療法。食生活、食品、サプリメント情報…など、面白くてタメになる実用エッセイ。

バナー原稿 468×60 (140228)imp

2015年5月

コレステロールに関する声明

 血液中のコレステロールの数値が多少高いのは、気にしなくてもよい。むしろ健康上のメリットが多い─という「朗報」は過日の小欄でもご紹介した(4月11日)。

 そこへ、「コレステロール摂取に関する日本動脈硬化学会の声明」というプレスセミナーの案内をいただいた。


スポンサードリンク

子どもたちへ

「こどもの日」に、ちょっと再読したくなる文章がある。

 ドストエフスキーの小説「カラマーゾフの兄弟」の「エピローグ3 イリューシャの葬式。石のそばでの演説」の一節だ。

 みんなに愛された「親切で勇敢な少年」の葬式の帰り道、少年が生前、「あの下に葬られたい」と言った大きな石のそばで、カラマーゾフ家の三男─宗教心のあついアリョーシャが、子どもたちに話し始める。


強い足には冴えた頭脳

 五月!

 絶好のゴルフ日和にはグリーンを素足で歩こうと、足と靴の臨床研究で知られる医師が勧めている。

「靴や靴下を脱ぎ、はだしになり、足指で芝をつかむようにして歩くと、何ともいえぬ心地よさを感じるはずです。 

コースでそんなことをしたらマナーに反すると思われるようなら、ホールアウトのあと、クラブハウスまででも素足で歩いてみたらどうでしょう」

 はだしになって大地を踏みしめると、足の裏が鍛えられ、強いアーチの土踏まずが形成される。



Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0