暮らしのなかの健康法万般。赤ちゃんからお年寄りまでの病気の解説・予防・治療法。食生活、食品、サプリメント情報…など、面白くてタメになる実用エッセイ。

正月の生活

スポンサードリンク

 正月は、どうしても生活が不規則になりやすい。

 昼間から酒を飲み、夜ふかしをし、運動をしない。

 崩れてしまった体のリズムを取り戻す助言を、専門家に聞いた。

 ごろ寝続きでなまった体を元に戻すには、例えば、入浴後の柔軟体操など、軽い運動がよい。

 心肺機能を高め筋肉を動かすには、心がけて歩くこと。

 ちょっとした用足しなどは家人に頼まず、自分で出かけよう。

 通勤の下車駅のひとつ手前で降りて歩くのも一法。

 一日に歩く時間の目安は三十分。出勤、昼休み、帰宅時と三回に分けてもよい。

 おせち料理や雑煮など、正月料理は糖質が多くなりがち。

 食べ過ぎ、飲み過ぎで胃がもたれたからといって、全く食べないのはよくない。

 ごはんを少なめにして、脂肪や糖質の多い料理は避ける。

 お勧めは淡泊な野菜の煮付け、魚の塩焼きなど。

 ビタミン剤などの利用も手軽な方法だ。
 
 ウイスキーや焼酎は、お湯割りがよい。

 冷たい水割りは胃の血流や胃液の分泌を悪くする。

 お湯割りならそれがなく、酒の回りも早いから少ない量で酔える。

スポンサードリンク
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0