暮らしのなかの健康法万般。赤ちゃんからお年寄りまでの病気の解説・予防・治療法。食生活、食品、サプリメント情報…など、面白くてタメになる実用エッセイ。

バナー原稿 468×60 (140228)imp

内分泌疾患

ドー VS ドウ

 ①のどぼとけの下のあたり(甲状腺)が腫れて首が太くなる、②脈が速くなる、③眼球が突き出てくる。

 甲状腺機能亢進症≒バセドウ病だ。

 1840年、ドイツの開業医バセドウが報告した。

 三つの症状は「メルセブルグ(彼が住んでいた町の名)の三主徴」と呼ばれる。

 一方、同じ時期に同様の症例をアイルランドの内科医グレーブスも報告した。

 で、この病気、英米ではグレーブス病、仏独ではバセドウ病と呼ばれている。

 日本は戦前、ドイツ医学の影響を多く受けたのでバセドウ派だ。

 この病名、医学書はもとより一般書も大抵「バセドウ」だが、新聞だけは「バセドー」だ。

 新聞の原稿に「バセドウ」と書くと、有無を言わせず「バセドー」と直される。

 新聞用語辞典の「外来語表記の原則」に、『長音は、長音符号「ー」で表し、母音語を重ねたり、「ウ」を用いたりしない』とあるからだ。

 以前は「リウマチ」も「リューマチ」だったが、これはいまはリウマチでOKになった。

 なお、医療関連図書でも「バセドー」表記のものが一冊ある。

 時事通信社発行の『家庭の医学』だ。



Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0